どのお部屋からも海が望める!ビジネスホテル伊東

静岡県 伊東 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
伊東 楽天トラベル格安宿泊ランキング



ビジネスホテル伊東
どのお部屋からも海が望める、白亜の殿堂。
静岡県伊東市湯川2-2-16

【観光スポット】
木下杢太郎記念館
木下杢太郎は明治、大正、昭和期の詩人・文学者で、医学者でもあった。記念館の建物は杢太郎の生家で呉服・雑貨商を営んでいた「米惣」の母屋を利用。1835年(天保6)に建てられた生家は、現存する伊東市内の民家では最も古い。館内には杢太郎の生まれた4畳半も残されており、杢太郎の詩集や評論集、自筆原稿、花のスケッチ、手紙などを展示。生い立ちコーナーには学生時代の写真があり、業績を紹介するビデオが流されている。所要15分。

【名物・土産】
小麦まんじゅう(懐かしい手作りの味)
このまんじゅうは、昔から農村地区の各家庭や行事の際に作られてきた、伝統的な蒸かしまんじゅうです。当時はまんじゅうを蒸かすとき、下にミョウガの葉などを敷いて香を楽しんでいました。
例えば、戦前の伊豆高原(対島村全体)では、水田が少なく稲より麦の栽培が多く、麦は米の不足を補う主食として大切な作物でしたが、現在では、急速に減り、畑でわずかに作られるだけになっています。
稲の収穫が終わるとすぐに麦蒔きの準備に入り、芽を出した後の麦ふみは、七度踏めば肥料いらずと言われるほど大切な仕事でしたが、寒風の中で行う作業は辛いものでした。6月頃に刈り取りを終え、製粉をします。
毎年7月8日に行われる大室山の浅間神社の祭りでは、その初めて採れた小麦粉でまんじゅうを作りました。


⇒ビジネスホテル伊東の宿泊プラン

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。