伊東温泉周辺の観光スポット9 戸田幸四郎絵本美術館など

戸田幸四郎絵本美術館(静岡県熱海市上多賀1055-30 自然郷)
絵本作家・戸田幸四郎氏の絵本原画が展示されている。太宰治の『走れメロス』、宮沢賢治の『竜のはなし』など名作を絵本にしたものや、環境問題を扱ったもの、楽しく学べる知育絵本などがあり、収蔵原画は約500点。絵本と原画の両方を鑑賞できる。所要1時間。

中山晋平記念館[熱海梅園](静岡県熱海市梅園町8 熱海梅園内)
熱海梅園内にある記念館。中山晋平は、「波浮[はぶ]の港」などの作品がある大正・昭和期の作曲家。晩年を熱海で過ごした建物を移築し、愛用のピアノなどを展示している。

なぎさ公園(静岡県伊東市東松原町178-36)
松川の河口、伊東港に面した小公園。伊東の市政30周年を記念し、1977年(昭和52)に造られた。芝生園地が整備され、「家族」など、伊東在住の彫刻家・重岡建治[しげおかけんじ]氏のブロンズ彫刻が置かれている。港に出入りする船が見られ、海上には初島、真鶴半島をはじめ、遠く房総半島なども望める。

錦ケ浦(静岡県熱海市熱海)
魚見崎から南へ、約2kmにわたって入り組んだ断崖が続く景勝地。緑の木々と荒れた岩肌、青い海と砕ける白波が豪快な眺めを作り出す。一帯はホテルニューアカオが整備し、展望のよい錦埼庭園、海を見ながら食事ができるレストランやエステなどがある。近くの扇崎展望台からは錦ケ浦が一望できる。

走り湯(静岡県熱海市伊豆山)
発見は養老年間(717〜724年)にさかのぼり、走り湯権現ともよばれた。伊豆山温泉の発祥となった湯で、長さ5mほどの洞窟の奥に、いまも毎分170リットル、約70度の湯が湧いている。

初島(静岡県熱海市初島)
熱海の海上10kmに浮かぶ周囲約4kmの小島。人家は熱海市街に面した初島港周辺に集中している。半農半漁の生活で、民宿を営む家も多い。

般若院(静岡県熱海市伊豆山371-1)
かつては伊豆山神社の別当寺院。社宝の木造伊豆山権現立像は国指定の重要文化財。鎌倉時代の作で、もとは伊豆山神社にあったが、神仏分離でここに移された。

姫の沢公園(静岡県熱海市伊豆山1164)
日金山[ひがねさん]の南斜面に広がり、明るい芝生の斜面や木々の緑が美しい公園。サクラ、アジサイなど四季を通じて花々が咲き、特に4月中旬〜5月にかけて咲く7万5000本のツツジは見事。渓流や人工の滝があり、フィールドアスレチックコースも作られている。

福泉寺(静岡県熱海市泉191)
境内に、肩から上だけの珍しい大仏が安置されている。これは名古屋城主の徳川光友が、母の菩提を弔うために造らせたといわれる陶製の釈迦像。名古屋城内に安置されていたが、戦後、この寺に奉納された。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。